http://www.out-weigh.com

 

 
モデル・タレント使用のガイドライン
1.肖像権についてのご注意
肖像には本人に無断で撮影をしない、又、撮影をした写真を無断で利用しないという、人格権としての肖像権と共に、無断で商業目的又は個人での使用目的に利用しないという財産権としての肖像権があります。モデルの肖像は肖像財産権(パブリシティ権)が認められておりますので、商業目的での使用にあたっては必ず弊社の許諾を得てください。なお、肖像というと顔だけを考えがちですが、手・足・髪・後姿などのパーツについても肖像財産権(パブリシティ権)は同様に発生します。また、出演内容によってはモデルに著作権法上の実演家の権利(著作権法第4章第2節)が成立する場合がありますので、この点も注意が必要です。肖像以外の氏名・音声・経歴の使用についても、ご使用の場合は事前確認と共に弊社の許諾をお取りください。

2.モデル使用契約

(1).肖像は弊社から許諾を得た範囲内でのみ使用することができます。トラブルを回避するためにも、許諾の範囲について 文書での確認・契約となります。
(2). 弊社から得た許諾の範囲を超えて肖像を使用してしまった場合、肖像を使用する主体となるスポンサー・広告会社・広告制作会社もその責任義務がありますのでご注意下さい。


3.追加使用・目的外使用・二次使用


(1).弊社から得たモデルの肖像を許諾の範囲を超えて使用する場合には、必ず事前に文書にて申請し許諾を得てください。その際、以下の点にご注意ください。
■条件その他の理由により弊社が許諾をお断りする場合があります。

■許諾をする際には、特段の合意をしない限り追加の肖像使用料が発生します。
(2).肖像の無断使用により第三者を含めたトラブルが発生した場合は、無断使用者に全責任を負っていただことになります。


4.違約行為 


(1). 許諾を得ないで、また申請許諾の範囲を超えて肖像を使用することは肖像財産権(パブリシティ権)の侵害となります。この場合、使用差止請求が認められているほか、不法行為(民法709条以下)の規定に基づき損害賠償請求が認められています。謝罪広告等の名誉回復措置の請求が認められることもありますのでご注意下さい。

(2).肖像の無断使用の発覚の際には、使用の程度・期間を勘案して違約金として正規の使用料の3倍以上をごご請求させていただく場合があります。


5.競合

第三者への出演を制限することはモデル・タレント活動に対する大きな制約となりますので、以下の規約を遵守してい ただくようお願いいたします。
(1). 出演を制限する範囲を文書で確認し、弊社の同意を得てください。
(2). 同意に際しては、企業競合をかけ独占的に肖像を使用する場合は『専属契約料』が発生します。
(3). プレゼン使用時や商品又は企業競合をかけ、制限する場合は『拘束料』が別途発生する場合があります。
(4). .Web上の肖像使用に競合はかけられません。


6.デジタルコンテンツ・WEB上でのご使用 
(1).デジタルコンテンツ及びWEBサイトにモデルの肖像を使用する場合、コンテンツの内容・使用目的・使用期間に応じた、弊社規定の使用料をお支払ください。
(2).モデルの肖像を無断でWEBサイトにアップロードすること、また、無断で肖像を改変することは、肖像財産 権(パブリシティ権)及び肖像権の侵害となります。
(3). CD-ROM・DVD等のデジタル方式の記録媒体に肖像を使用する場合は、複製や改変防止の対策、製作 数・販売期間・販売地域などを明確にした上で許諾をお取りください。肖像財産権(パブリシティ権)の維持・ 管理が困難な場合は出演及び使用をお断りする場合もあります。



7.個人情報保護・肖像権許諾管理・モデル手配
(1).弊社はモデル・タレント本人より個人情報・肖像権の許諾管理、マネージメント管理等の提供を受け、これを管理し、業務に必要な範囲で、 モデル・タレントの営業又は、その肖像権許諾を管理することを委任されております。その内容については、全て 弊社にご連絡・ご確認ください。
(2). ご利用なされる企業様は、モデルの個人情報については、個人情報保護法に従って取り扱い、出演に関 与しない第三者への漏洩や出演以外の目的に使用されることのないよう管理のほどお願いいたします。
 

8.守秘義務


弊社は発注の内容及び出演過程で知りえた情報について守秘義務を負います。また、契約上モデル・タレントに守秘義務を課していますので、守秘義務に関する書類への捺印を求める場合は、弊社にご連絡下さい。 

 

Copyright(c)2007.OUT-WEIGH co All Rights Reserved.